入院のご案内

病院案内

当院では、医師・看護師をはじめ、作業療法士・臨床心理士・ソーシャルワーカー・薬剤師などの専門家が協力し、個人のニーズを考慮した入院治療を行っております。
また、患者様の状態に合わせ、面会・外出・外泊訓練を行い、できるだけ早くご自宅へ戻れるようご家族の協力も呼びかけています。

病棟のご案内

急性期病棟

急性期の患者様の治療を短期的に集中して行う事を目的として、考えられた閉鎖病棟です。

精神療養棟

急性期を過ぎ、安定した状態にある患者様が生活のリズムを作る為の場所として考えられた病棟です。

ストレスケア棟

うつ病の治療を中心に考えた病棟で、ゆったりとした静かな雰囲気で復職に向けた活動を行っています。

認知症病棟

著しい認知症症状や行動障害のために、在宅又は施設で介護が難しい方を、短期で集中的に治療いたします。

作業療法棟

作業療法士らと共に、個人活動や集団活動を通じて、楽しみながら生活機能回復訓練を行います。

入院のご案内

入院手続き

入院を希望される方は、診察を受けてからお申し込みをして下さい。
お申し込みの際に印鑑が必要となりますのでご持参ください。また、入院患者様用の駐車場はございません。ご家族の方などに送っていただくか、公共交通機関をご利用ください。

入院費用

退院時精算金

入院時に5万円をお預かりし、「預かり証」を発行します。
これは退院会計時に清算いたしますので、大切に保管していただき、退院時に事務所へ提出して下さい。

入院費

当月の入院費は月末で締め切り、翌月10日前後に請求いたします。
お支払いはその月中でお願い致します。(銀行振込もできます)

室料【ストレスケア病棟】

特別室
1日 10,000円(バス/トイレ/応接セット・洗面台・テレビ付き)
個 室
1日 6,000円(テレビ・冷蔵庫付き)
4人部屋
1日 3,000円(テレビ・冷蔵庫付き)

高額療養費払戻制度・入院費助成制度

健康保険の医療費で1ヶ月の自己負担額が高額になった場合、一定額を超えた額についての払い戻しをする事ができます。
自己負担限度額については所得市町村によって異なりますので、ソーシャルワーカーにご相談下さい。

  • 一般の自己負担限度額:80,100円(44,400円)
  • 低所得者の自己負担限度額:35,400円(24,600円)
  • 70才以上一般限度額:44,400円
  • 70才以上低所得者限度額:24,600円/15,000円

入院に必要なもの

  • 洗面用具(タオル・バスタオル・歯磨き用具・石鹸・シャンプー・洗面器など)
  • 衣類(普段着・パジャマ・下着)
  • スリッパ・コップ・ティッシュ・ハンガー・テレビのイヤホン

面会について

面会は療養上の都合により、時間内にお願い致します。

面会時間

10:00 〜 19:30(日・祝も同じ)

面会方法

  • 面会の時は、看護職員に申し出て面会カードにご記入の上、面会してください。
  • 面会時間は原則として短時間にしてください。(30分程度)
  • 面会は少人数でお願いします。
  • 面会の時は、持参される飲食物はなるべく少なめにし、特に生ものは食中毒の危険がありますので、そのとき召し上がる分だけにしてください。
  • 治療上支障がある時は、飲食物の制限をすることがあります。
  • ご家族の方以外の面会者があっては差し障りがある場合は、予めお申し出ください。
  • その他は医師および看護職員の指示に従ってください。

外泊・外出について

外泊・外出をご希望のときは、病棟看護職員に申し出てください。
主治医の許可を得てから決定します。
原則として、外泊・外出の出発および帰院はご家族の同伴が必要です。

ページの最上部へ